toggle
2016-03-02

終了しました【イベント】農とつながるおやつの時間vol.3 のうのば 土屋 勇輝さん 「伝統野菜と種を守る理由」

DSC07362

 

BakuTableとつながる農家さんをお呼びしてお話し会を行います。

いつも買っている野菜に疑問・・・
どんなお野菜を選べばいいかわからない・・・
オーガニックってなに?・・・
美味しいお野菜と出会いたい・・・

食べたいものはスーパーに行けば手に入る。
でも作る人の顔が見えて買えるものはなぜか美味しく感じるし、安心感もあります。

どんなものを選んで食べればよいかわからないこの時代だから、
農家さんとつながることで「食べる」という意味がまた深くなり、
心も豊かになるような気がします。

農家さんとつながるきっかけになるように、
農業の世界の視野を広げられるように、
ちょっとお茶でも飲みながら、おいしいおやつでも食べながら~
美味しくてためになる、おやつの時間になりますように★

農家さんリクエストのおやつ付き。1ドリンク付き。

4月にかけて、会津地方の4人の農家さんのお話し会を予定しています。

①1月24日(日) 大江ファーム 「有機野菜ってなに?」 終了しました
②2月21日(日) FLOS HEABA 「自然農法とハーブのお話」 終了しました
③3月20日(日) のうのば 「伝統野菜と種を守る理由」
④4月予定 太田洋成さん 「お野菜のまとめ」(仮)

全4回聞きごたえあり!
是非皆さまお誘いあわせの上、参加お願いします^^


第3回は、のうのば 土屋 勇輝さん 「伝統野菜と種を守る理由」です。

主に無農薬無化学肥料で小菊かぼちゃ、余蒔きゅうりなど会津の伝統野菜を作っています。
自家採種で種を取り、どうして伝統野菜を作るのか?
農業との接し方のお話などを、お客さんとセッションしながら進めていきます。
日時:3月20日(日)15:00~17:00
場所:Cafe Baku Table
参加費:1500円(おやつとドリンク付き)

【参加方法】

①イベントページからの申込
こちらのイベントページの参加ボタンを押し、コメント欄に参加人数を記載。こちらの返信を受けて受付完了となります。

②電話での申込
0242-85-0655
こちらの番号にご連絡いただき参加人数をご連絡くださいませ。

③直接お店にて


 

【プロフィール】
猪苗代町 のうのば 土屋 勇輝さん

5年前から地元である猪苗代町に戻り、磐梯山周辺のネイチャーガイドの仕事を始める。
地の自然に根付くことの大切さを知り、伝統野菜や在来種をつないでいく農業にチャレンジしていく。
その後、奥様の美香さんと「のうのば」を立ち上げ、福島県の猪苗代湖のほとりで、農業を中心に自然とひとがつながる場づくりを行っている。
〈のうのば facebookページ〉
https://www.facebook.com/nounoba

 

こぎくかぼちゃ

関連記事
Comment





Comment